靴を正しく履きませんか?!巻き爪予防にもなります

0

     

    みなさんは靴を履く時に次のような履き方をしていませんか?

    1.スムーズに足が入るので、つま先をトントンして履く。

    2.靴ベラを使って、靴を履きつま先をトントンして履く。

    3.スリッパのようにかかとをつぶして履く。

    実はどれも爪には良くありません。


    〇靴ベラを使わずに靴が履けてしまう

    → 靴ひもが緩すぎる。靴の入り口が広がってしまう。
       
    結果:足首への負担増、足首の変形につながります。


    〇靴を履く度に靴紐をしめていない

    →足が靴の中で遊んでしまう。

    結果:足裏への負担や指先の負担が増します。

    「靴ひもをその都度、結ぶのが理想です」とアドバイスさしあげるとほとんどのお客様からは

    「面倒臭い」というご返答を頂きます!

    日本は「畳文化」、つまりは「靴を脱ぎ履きする文化」なのです。

    家屋に上がる際に靴を脱ぎ、出掛ける時には靴を履く…脱ぎ履きが前提になってしまい

    靴も脱ぎ履きしやすいものがいい!という考えになっている方が多いのではないでしょうか。

    結果として「歩きやすい」よりも「脱ぎ履きしやすい」を優先してしまっているようです。


    靴下のシワを伸ばし、靴の中に異物が入っていないか確認してから足を入れます。

    足を入れたら足裏全体をピッタリつけた状態で、靴ひも又はマジックベルトを

    軽く締めます。

    靴のかかとを踏んで変形させないように靴べらを使うとベターです。




    『トントン』と2〜3回かかとをつき、靴のかかと部とぴったり合わせます。

    靴ひもがある場合は、さらに靴ひもを引っ張り足首をしっかり固定させます。




    かかとをぴったり合わせたら、前かがみになった状態でつま先を曲げながら靴ひも

    又はマジックベルトをしっかり締めます。

    ※足裏全面を下に付けてしまうと、足が広がった状態になり、その状態で靴ひも縛っても

    緩くなってしまいます。最後に足指を動かせるか確認し、動けばOKです。



    たかが靴の履き方ですが、いい靴を履いていても履き方を間違うと足を痛めてしまう

     

    結果になります。

    正しい靴の履き方は今日からできます!是非やってみてください。

    巻き爪以外のアドバイスもさせて頂きますのでお気軽にご相談くださいね。

     

     

    巻き爪個別無料相談会についての詳細はこちら

     

     

    秋田巻き爪矯正院 秋田院
    https://www.akitamakitume.com/
    秋田県秋田市東通仲町12-27
    電話番号 018-838-6369
    営業時間 10:00〜19:00(11〜3月まで9:00〜18:00)
    定休日 木曜日・日曜日(巻き爪個別無料相談会の日を除く)


    秋田巻き爪矯正院 大曲院
    https://www.akitamakitume.com/
    秋田県大仙市花館柳町1-35
    電話番号 0187-73-5280
    営業時間 8:00〜18:30 土曜日12:00まで
    定休日 日曜日(巻き爪個別無料相談会の日を除く)

     



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:445 最後に更新した日:2018/12/11

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM