巻き爪 秋田 手の爪より足の爪の切り過ぎは危険です!

0

     

    「深爪」になっていませんか?


    深爪はどうしていけないと思いますか?

    それは深爪になることで様々なトラブルを引き起こす可能性があるからです。
     


    【爪の役割】


    私たちの爪は指先の保護や物をつかんだり、力が加わったときの支えになる役割をしています。

     

    しかし深爪にしてしまうとそれらの役割を果たすことができません。

     

    また指先には神経や毛細血管が多く通っているため、ケガがしやすかったり、痛みを感じることも

     

    あります。

     


    【手と足の爪の違い】


    手の深爪の場合、軽度であれば爪が元通りに伸びれば自然に治ることが多いのですが

     

    足の深爪の場合はそうはいきません。


    足の爪は手の爪に比べて伸びるのが2分の1から3分の1と言われています。

     

    足の爪は深爪にしてしまうと伸びるまでに時間がかかるのです。

     


    【巻き爪や陥入爪の原因】


    また足の爪は自分自身の体重や日常生活の状況によって相当な負荷がかかります。

     

    それが原因で皮膚に切りすぎた爪が食い込み、巻き爪陥入爪などのトラブルを引き起こし

     

    傷口に細菌が入り化膿して痛みが悪化していきます。そして多くの方がこの痛みを軽減しようと

     

    爪を切ってしまいます。

     

    切られた爪はさらに皮膚に食い込み、痛いからまた爪を切るという悪循環に陥ってしまうのです。

    深爪と聞いてもあまり怖いイメージはないかもしれませんが、深爪が原因で招く足のトラブルから

     

    体全体に様々な悪影響を及ぼすこともあります。

    「自分は大丈夫!」

    と思わず、手足の爪の深爪には注意し、特に足の爪の深爪にはくれぐれも気をつけてくださいね。

    爪の切り方に関しては、月に一度行なっている巻き爪矯正院の個別無料相談会でもアドバイス

     

    させていただいております。

     

    お気軽にご相談くださいね。

     

     

    巻き爪個別無料相談会についての詳細はこちら

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:372 最後に更新した日:2018/07/17

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM