巻き爪 秋田 爪の長さはどのくらいが丁度いい?

0

     

    爪でお悩みの方は「爪の長さはどのくらいがちょうどいいの?と考えますよね?

    今回はその答えをお話しする前に、

    そもそも爪はなぜ生えているのか?

    どのような役割があるのか?


    についてお話します。

    私たちの指の骨は指先まで伸びていません。爪の中心部あたりまでしかないのです。

    よって、力が加わった時の支えになっているのが爪の役割です。

    また、指先を保護するという役割を担っています。

    手の爪があることによって、細かい作業や物を確実につかむことが出来るのです。

    足の爪があることによって、体重を支え、歩行や運動の際に足指に力が加わった時の身体の

     

    支えになります。

    このように私たちにとって爪は非常に重要なものなのです。

    そしてこの爪の長さの整え方を間違えると機能的に働かなくなるだけではなく、巻き爪・陥入爪等の

     

    トラブルを引き起こす可能性が出てきます。

    では「爪の長さはどのくらいがちょうどいいの?」か、それは

    『指のお肉と同じぐらいの長さ』です!!

     


    (※指の変形や爪の状態によっては長さ調整が必要な場合があります。)

    短すぎても長すぎてもよくありません。

    痛みが出てしまい短く切り込んでいる方が多くいらっしゃいます。

     

    その場合、食い込みが進んでしまう可能性があります。

    逆に深爪がいけないことをご存じで長くのばしている方もいらっしゃいます。

     

    その場合、靴の中でぶつかることで負荷がかかったり、爪が割れたりしてしまいます。

    爪のこと、足のこと、なんでもお気軽にご相談くださいね。

     

     

    巻き爪個別無料相談会についての詳細はこちら

     

     


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:403 最後に更新した日:2018/09/19

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM