秋田 巻き爪 それってタコでしょうか?ウオノメでしょうか?

0

     

    「これはタコでしょうか?ウオノメでしょうか?」

    という質問をよくいただきます。

    どちらも慢性的にストレスが加わる部分が硬くなる現象のため、原因は同じです。

    通常角質硬化していくと「タコ」になるのですが、そのストレス(圧力)が大きくかかる場所、

     

    例えば足の裏などのような場所ですと、角質が根っこを持つように真皮側に伸びていくように

     

    なってしまいます。


    真皮というのは、神経がありますので、触れると痛みがあります。

    簡単にいうとこの違いが「タコ」と「ウオノメ」です。

    実は、「タコ」「ウオノメ」の区別よりももっとしっかりしなければいけないのは、


    「いぼ」なのです。

    「いぼ」「タコ」「ウオノメ」と違いウィルスによるものですので放っておくと

     

    どんどん増えてしまったり、大きくなったりします。

    こちらは角質ケアで対応できるものではなく、医療機関での治療が必要になります。

    簡単な見分け方としては、

    1、黒い斑点がみえる


    2、凹凸があり、ギザギザしている


    3、靴が当たったり、ストレスが加わるような場所とまったく関係ない場所にある


    4、急に大きくなったり、増えた

    などという場合には「いぼ」の疑いがあります。






    まとめになりますが、

    「タコ」・「ウオノメ」の場合はぜひ当院へご相談ください!


    明らかに「いぼ」である場合には皮膚科受診を…


    どちらかわからない・・・という場合にもお気軽にご相談ください。

    タコ・ウオノメの根本原因を改善するためのインソールや矯正靴も取り扱っております!
     

    お気軽にご相談くださいね。

     

     

    巻き爪個別無料相談会についての詳細はこちら

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:432 最後に更新した日:2018/11/16

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM